弁護士ブログ

トップページ弁護士ブログ

民事信託契約の案件を受任しました。

2017年11月20日

 最近,テレビで特集が組まれたり,何かと話題の民事信託ですが,当事務所でも,今回初めて民事信託契約書の作成業務を受任しました。
 今回,当事務所で検討した民事信託は,財産管理の負担軽減や,詐欺等による財産減少の防止のために,高齢になったご両親の財産を息子さんが管理するという内容です。
 後見と異なり,ご両親が元気なうちから利用できますし,裁判所が関与しませんので柔軟な設計が可能です。
 業務を進める中で驚いたのが,信託した預金を管理するための信託専用口座の開設について,もともと預金があった某協同組合では開設できないと言われ,香川県で一番有名な地方銀行の本店でも今まで開設したことが無いということで,行内で検討して返事をくれるという話になったことです。
 香川県内でも,司法書士や税理士などが専門家のように盛んに宣伝していますが,まだあまり実績は無いのでしょうね。
 民事信託は,裁判所が関与せず柔軟性が高い反面,契約書がきちんとしていないと,うまく機能しません。一例を挙げると,信託法上,委託者(本件ではご両親)は受託者(本件では息子さん)をいつでもどんな理由でも解任することができますが,将来的に委託者の判断能力が低下する可能性からすると,契約書で別段の定めを置くことを検討する必要があります。
民事信託のように柔軟性が高く,契約書の精度が問われる案件は,登記や税ももちろん関係しますが,やはり弁護士向きの業務のように思います。


宅建業者の取引の相手方に対する説明義務

2017年8月18日

 ここ数年,低金利の影響もあってか,顧問先等から不動産仲介に関するご相談をお受けすることが増えています。
最近お受けしたご相談に関連して,気を付けなければいけないなと思ったので,情報提供です。
不動産の売買をする場合に,売主と買主が,それぞれ別の宅建業者に仲介業務を委託する場合があります。
 その場合,宅建業者が,自身の委託者に対して誠実義務や説明義務を負うことは当然です。
他方で,ここは勘違いされやすいのですが,宅建業者は,売買契約の相手方に対しても,同じく誠実義務や説明義務を負うものとされています(宅建業法31条,35条,最高裁昭和36年5月26日判決等)。
双方に仲介業者がついていた売買の事案で,物件に関する不利益な情報を,買主側仲介業者には伝えていたものの,買主本人には知らせなかったとして,売主側仲介業者の責任が認められた裁判例もあります(大阪高裁平成16年12月2日判決)。
共同仲介の場合も,気を抜かず,しっかりと調査,説明義務を果たすことが大切です。


人間ドック

2017年3月23日

 年に1度の人間ドックを受診してきました。
 以前は,弁護士会でとりまとめをしてくれていた公立の機関で受診していたのですが,ここ数年,うちの事務所は,私立の機関で受診しています。
 今お願いしているところは,建物もきれいですし,寒くないし,待ち時間も少なく,検査後においしいお弁当まで出ます。今回は,二蝶のお弁当でした。
 人間ドックですから,検査の正確性が一番大切には違いないのですが,やはり,寒かったり長時間待つのはつらいですよね。
まさに,付加価値です。
あと,今回は,久しぶりに胃カメラの検査を受けました。
私は胃カメラが大の苦手なので,死ぬかと思いましたが,そんなとき,背中をさすって声をかけてくれる看護師さんのやさしさが心底うれしかったです。好きになりそうでした(笑)。
悩みを持って当事務所にご相談にいらっしゃる方にも,思いやりを持って接することの大切さを改めて実感しました。 



高松と東京の時差

2017年3月12日

 今年はたまたま東京出張が多く,先月と今月でもう4回出張しました。
 先日,東京のホテルで,朝6時に起きました。
 すると,やけに明るい。高松だと,6時はまだけっこう暗い時期です。
 当然,東京は高松より東にありますから,高松より日が昇るのは早いはずです。
 で,調べてみると,20分以上も日の出時間が早いそうです。
 個人的にはびっくりしたのですが,そんなに早いって知ってました?
 東京から大阪への移動中,新幹線からきれいに富士山が見えました。



同期

2017年3月5日

 先日,裁判期日のため,神戸に出張しました。
 夜は,司法修習の同期と会って食事をしました。
 その人は,大学卒業後,国内の証券会社やアメリカの金融機関で勤務し,その後司法試験に挑戦して現在弁護士をしているという,旧司法試験時代としては異色の経歴を持った人です。
 私より歳は10ほど上なのですが,超エネルギッシュでめちゃくちゃ面白い。
 その前の週にも,東京で別の同期に会ったのですが,その人も,超エネルギッシュでめちゃくちゃ面白い。
 同期には,本当に頭がよくて元気な人がたくさんいます。
 そういう優秀な人たちと,学生時代のように利害関係無くお付き合いができ,未だに親交が続いているというのは本当に大きな財産だと実感します。
 旧司法試験については,いろいろ批判もあり,現在の新司法試験に移行したのですが,旧司法試験時代には,司法修習生や,法曹界全体に,過酷な試験を乗り切った同志としての連帯感のようなものがありました。指導してくださった裁判官,検事,弁護士の先生,皆さん本当によくしてくださいましたね。
 そういえば,司法研修所の刑裁教官が,司法修習が人生のピークで,あとは転げ落ちるだけなんて言っていました。さすがにそこまでは思いませんが,楽しかったなあ。
 写真は,神戸地裁です。久しぶりに行きましたが,斬新な建物です。



このページの先頭へ