事業継承・相続

トップページ取扱業務 › 事業承継・相続

事業承継・相続

日本経済を支える中小企業では、近年、経営者の高齢化が進む一方で、後継者の確保や後継者への円滑な事業の承継が十分になされておらず、トラブルが生じたり、会社の業績が悪化するといったケースが多数存在しています。
具体的には、事業承継についての対策を十分に準備していなかった結果、相続税等の税金負担が過度に重くなったり、相続人間でトラブルが生じることがあります。また、対策不足の状態で放置した場合、最悪、廃業を余儀なくされることもあります。
事業承継の方法としては、大きく分けて、①親族内承継、②従業員等への承継、③社外への承継(M&A)が考えられますが、いずれの方法による場合も、後継者へスムーズに事業を引き継ぐためには、計画的な事前準備が必要です。
事業承継をお考えの場合は、できるだけ早めのご相談をお勧めします。

このページの先頭へ